「これからのための気持ちの整理。 」

これからのことを考えています。本当に、本当にめんどうくさい、めんどくさい人間です。これからのために、気持ちの整理をします。

いつ大人になるかの考察

成人18歳についての記事を見かけました。

http://mainichi.jp/articles/20170111/ddm/004/070/007000c

 

 

いつ大人になるのか

 

 

 

考察1

電車で母親に腕にすり寄って甘える男の子

 

家臣のために海に出て奔走する百之助

 

同い年だろうけど

後者は大人だろう

 

 

母鳥とヒナなら

自分の羽で飛んで餌を持って来る側が大人。

誰かに餌をもらう側は子ども。

 

 

 

 

 

 

 

考察2

親父は、子どもの部分を出せるから今母さんと一緒にいる

と言っていたから、

一生子どもでありながら大人であるのかな。

 

確かに急に大人になるわけではなく、

子どもはどこかに閉まっておく、そんな感じかも。

 

 

 

 

2018.6.25

考察3

 

「子ども」と「大人」の差

 

「子ども」と「大人」の差、って何だ

 

年齢?

見た目?

言動?

 

日本語の「子ども」と「大人」の奥にある本当の意味は、単に考え方の指向性を指すのではないか、と思ったので考察する。

 

端的に言うと、「言動が自分のためなのは子どもで、誰かのためなのは大人である」と言える。

 

年齢は単なる数値の基準でしかない。

子どもの年齢でも大人な人間(自己犠牲をする人間)はいるし、大人の年齢でも子どもな人間(自分勝手に振る舞う人間)はいる。という行動の頻度差になる。

 

いつまでも子どもな言動をしてしまう

 

 

2018.7.18

考察4

マツコ有吉的には「親に文句を言ったら大人」

生意気言い出したら、大人。そんな生意気言うなら税金払え